塗料缶の中で、入っている塗料の色を変えることはできますか?

弊社の製品に「万能型」の染色剤又は色素剤を添加することはお奨めできません。ヨット用の塗料は、厳しい条件に耐えられるように製造されていて、万能型の染色剤又はそれらに類似する製品を添加することで、塗料本来の耐水効果や耐久性に悪影響を与えたり、塗料の乾燥時間が延びたりする場合もあります。又、塗料の混合について言うと、例えば、トップラックとブライトサイド又は同じような組み合わせの塗料で混合すると色合いが一定しませんし、白色に青色を混ぜると色にむらができたり、表面に薄い線が付いたりします。従って、防汚塗料に他の製品は絶対に添加しないようにして下さい。但し、製品のラベルはこのことが必ずしも表記されているわけではありませんので注意して下さい。更に、このような添加剤を防汚塗料へ添加することは、防汚効果を減失させると共に違法行為と見做される場合があります。つまり、特殊な成分を含む防汚塗料は認可が必要であり、認可を受けていない物質、特に活動的な「促進剤」などを添加することは違法行為と見做されているからです。