個人防護具(PPE)

作業前に、必ず、対象作業や使用製品に適した個人防護具を確認してください。 以下に、最も一般的な個人防護具と着用ガイドラインを示します。 詳細は、インターナショナル社のヘルプデスクまでご連絡ください。


顔マスク

着用が必要なマスクの種類は、塗料の危険性、作業時間、塗装量、作業場所などによって異なります。 スプレー塗装を行なう場合は、顔全体を覆うマスクと呼吸器保護が必要です。適切な防護具を装備した専門家に作業を依頼することをお勧めします。

ヘルメット

頭上から物体やごみが落下する危険のある場所での作業には、頭部保護のヘルメットを着用してください。

保護眼鏡とゴーグル

塗料を扱う際には、必ず目を保護してください。 塗料の多少のはねに対する保護には安全眼鏡、より強力な保護にはゴーグルと、対象作業によって使い分けてください。

安全靴

船舶の塗装作業には、スチール製のつま革、静電防止靴の着用をお勧めします。 靴は、足首以上までの保護のあるものをお選びください。

手袋

塗装時には、状態の良い耐薬品性の手袋を着用してください。 手袋の内側の汚れを確認し、頻繁に交換してください。

つなぎ服

塗料が肌に触れるリスクが高い場合は、必ず長袖、長ズボンの木綿製つなぎ(木綿60%以上)を着用してください。 リスクが低い場合でも、適切な使い捨てつなぎの着用をお勧めします。

保護クリーム

防護具で保護されない肌部分には保護クリームを塗ってください。 保護クリームは、防護具の代用にはなりません。ご注意ください。

塗料を肌に浸透させる危険があるため、ワセリン製品は使用しないでください。